男性が主人公の作品

なぜ久保さんは僕(白石君)を許さないのか?について考えてみた

婚クエ_白石君のモブ設定

今回はどうして
久保さんは僕(白石君)を許さないのか?

このタイトルの意味について考えてみました。

考察と言えるほど語れませんが
私なりの解釈を語りたいと思います。

白石君のモブ設定やタイトルについて考えてみた

白石君のモブ設定について

ぼっちな猫
タイトルについて
語るうえで外せないのは
白石君のモブ設定です。

すぐ近くにいる人間を
見つけられないという
非現実的な設定は
必要だったと思いますか?

それは必要です!

地味で目立たない
男子高校生という設定で
良かったのではないか。

そう思う方も
いらっしゃるかもしれません。

ここまで非現実的な
モブ設定が必要なのか
不思議に思いますよね。

これは久保さんのために
必要な設定だったと思うのです。

連載初期のころは
けっこう強気な
イタズラをしていた
久保渚咲ちゃん。

ですが、連載が進むにつれ
照れ屋で奥手な性格が
前に出てくるようになりました。

初期のころは
子供同士で
無邪気に遊んでいる感じ。

それがだんだんと
異性として意識しだした
反応へと変化しているのです。

もし白石君がみんなに
普通に認知されている
男の子だったら

いくら無邪気な久保さんでも
あんなちょっかいのかけ方は
出来なかったのではないでしょうか。

だから当初のモブ設定は
必要だったと私は思います。

タイトルの強さとヒロイン像のギャップ

窓辺の猫
許さないという否定の言葉を
タイトルに選ぶというのは
作者さんは思い切ったなと感じます。

ネガティブな言葉ですから
反発心を感じる方も
いるのではないでしょうか。

男子を許さない女子から
連想するヒロイン像は
強気なお嬢様タイプでしょうか?

確かに3話ぐらいまでは
久保さんの白石君に対する
いじり方が強めなのは事実です。

この作品のここは
勿体ないところですよね。

この辺りで離脱した方も
いたかもしれません。

ですが、連載が進むにつれて
久保さんのいじり方が
どんどん上達していくのが分かります。

また、白石君の反応も
だんだん変化してくるのも
見どころの1つです。

まさ最近では白石君の
反応や言葉によって
久保さんの方が
心を乱されることもあります。

タイトルから受ける印象との
ギャップを楽しめる
作品になってきたのではないでしょうか。

なぜ久保さんは僕(モブ)を許さないのか?

振り向く猫
そもそも久保さんは
どうして白石君を
許さないのでしょう?

こちらについて
私はこう考えています。

僕(白石君)を許さない
ではなく・・・

白石君がモブでいることを
許さない、認めない
という表現だと思います。

白石君は
モブであることを
受け入れていますよね。

不良になるわけでもなく
絶望するわけでもなく
望んでいるわけでもなく
そのまま受け入れています。

自分の人生なんて
このぐらいが妥当だと
思っていたかもしれません。

でも久保さんの視点では
白石君の良いところや
面白いところが
ちゃんと見えていますよね。

だかららもっと
明るい所に出ようよ
私と一緒に楽しもうよ

久保さんとしては
「こっちの世界においでよ」
そんな気持ちを
感じているのではないでしょうか。

だからこのタイトルは

久保さんは白石君が
モブであることを受け入れて
モブの世界にいることを許さない

私はそういう捉え方をしています。

最近は白石君の存在感が濃くなってきています

このサイトの運営者であり
地方で結婚相談所を営業している
makiと申します。

『久保さんは僕を許さない』
こちらのタイトルから
思うことを書いてみました。

もちろん私の個人的な見解です。

自分はこう思うよ~
という意見があったら教えてくださいね。

最近ではモブ設定の陰が薄くなり
逆に白石君の存在感が
少しずつ濃くなってきています。

それはそれで寂しいですけどね(笑)

おすすめのマンガ紹介記事

▼久保さんは僕を許さないから学ぶモテ▼
マンガで学ぶモテ:何げない一言であなたの人柄を深く伝えよう(久保僕53話より)

▼久保さんは僕を許さないから学ぶモテ▼
マンガで学ぶモテ:久保さんは僕を許さないの白石君はモテる要素が無くても良い理由

▼久保さんみたいな作品が好きな方に▼
久保さんは僕を許さないはパクリ?違う点についてまとめました